森は生きているの待雪草

6243557472_IMG_0227.JPG

風があったけれど陽だまりは暖か。
スノードロップが咲いている。
この花は好きだけどなかなか増えない。
確かこの花は待雪草だったはず。
森は生きていると言う本、
私は12ヶ月の何とかと言う方がしんみり来る、
この本に出てきた。
あらすじは女王が待雪草を持って来た者に
金貨を出すと言うので12月ではまだ芽も出してないのに
継母が女の子に森に行って探して来いと命じ、
女の子は雪の中探しに行き森の中で精に出会い
4月の精が可哀想にと思い雪を消して待雪草を咲かせて
くれる。そんな話。4月だからこの話はロシアのお話。

そこで待雪草を知った。
どんな花かなあと思って居たらスノードロップだった。
イギリスは原生地じゃないけれど群生しているらしい。
石灰質が好きなのか?(じゃうちも石灰質で植えれば増えるかも)
群生しているのを見たい。
もう一つブルーのブルーベルの絨毯の林も歩いて見たい。
水仙が咲き出すのも見たいもんだ。
となると早春だね。

ぷう

"森は生きているの待雪草"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: