蜂球(ほうきゅう)

A0EA2229-8472-4283-A17F-40F38EE01BAD.jpeg

いつもニホンミツバチは無事か確かめる。
ウロの辺りを飛んでる。
ちょっと少ないかなあ?と見ると
付近にハチが群がってる。
?どうして?こんな所に食べ物は無いし、何故??
頭をかすめたのは蜂球?ええ!
で見てるとまさにスズメバチが飛んできた!
ウロついてる。怖いけれど1匹ならこっちの方が強いぞ!
と帽子を取って叩こう。
が相手はそんなヤワでなくて逃げられる。
それを何回か続ける。
付近を見るとスズメバチが落ちていた。
ニホンミツバチはスズメバチの襲撃に遭うと
みんなでスズメバチを取り囲んで蜂球を作り
彼らの体温でスズメバチを倒す。
ここまでは知っていた。こうして書く時調べたら
体温と二酸化炭素で相手をやつっける。
その戦いに赴いたミツバチはその次にスズメバチが
来ると真っ先に戦いに挑むそうです。
戦いに挑むと与命が短くなるそうですが少しでも仲間に
負担をかけないようにするそうです。
なんかけなげですね。
今回はスズメバチは1匹でも集団で襲うそうなので
油断は禁物です。


ぷう

この記事へのコメント