6241431472_IMG_5065.JPG


夕食の時チビが言った、草は嫌だ!
小さい時はなんでも食べた。この歳、4才なると
あれは嫌だ!これもイヤ!と言うようになった。
4才はイヤイヤの時代。
事が判るようになるとそうなる事を知っているが
まさにその道理である。

お肉は食べるけれど草は嫌だと言った。
草?
ほほぉー草だよな、草。どう見ても草だ。
知り得ている単語から、物から、草と判断したか。
考えたんだ。よくそう判断したと思う。偉いよ。

息子が小さい頃、こんなにも小さくないけれど
彼もある時からサラダが好きになった。
ドレッシングが気に入ってそれからはそのドレッシングをかければ
沢山サラダを食べるようになった。それはいまも続いていると思う。

何かのきっかけで好きになるらしい。
草は嫌だと言ってたがあくる日はキャベツの千切りが気に入って
沢山食べていた。彼は胡麻のドレッシングが好きらしい。
多分体が要求するんだろうね。きゅうり、ワカメも胡麻で食べてる。

草、面白いね。
今度から草とメニューに書こうかな。

ぷう

この記事へのコメント