南アルプス林道バスに乗る

6241465888_IMG_5054.JPG

(帰りのバスの中、混んでいる)
兼ねてから子供に甲斐駒ヶ岳を見せたかった。
秋に見た時甲斐駒ヶ岳が雪を被ったように白く輝いていた。
カツラの木が黄葉してる秋の事。

今日実行した。
バスの時間を調べたら無理なく乗れる時間があった。
仙流荘から北沢峠まで。(乗用車は通れません)
この季節登山の人で仙流荘は賑わっていた。
細〜い道を45分北沢峠。甲斐駒ヶ岳は秋の方が輝いている。
それと時間帯によって綺麗に見える事も判る。
今日はあの時より輝きは無かった。これは花崗岩が輝く。
道はヘヤピンカーブをいくつも過ぎてどんどん標高を上げて
1700m位まで上がって行った。

勿論涼しくなって来る。景色も良い、
途中で花にアサギマダラが舞っていたりしてる。
北沢峠は仙丈ケ岳に登ったり、甲斐駒ヶ岳に登る人で賑わっていた。
残念ながら登らない私たちは甲斐駒ヶ岳の登山口の方の尾根まで
上がって行って谷から吹いて来る風を楽しんだ。

そこでオヤツタイムをしていると甲斐駒ヶ岳から帰って来る人達と
たくさん出会った。

今日は臨時のバスが出ていてバス停で少し待つだけですぐに乗れた。
これもラッキーだった。

チビは張り切って登って行ったから私は満足した。
久しぶりに自然の風に吹かれて気持ち良かった。


ぷう

この記事へのコメント