動物園


6176417744_IMG_4863.JPG

ペリカンでーす。暑いので草の所で休んでます。
起きている子もいますし、
不精な仲間は寝転んで草を食べてる子もいます。

ここはスイスで一番古い動物園。
動物園としては余り広くはないらしいけれど
木がいっぱい有ってzooと言われないと公園かな?
と思う。初めに爬虫類がいる。
ワニはガラス越しでなくて直ぐ側で見られる。
ここに来て柵が低い事に驚いた。多分離れていても動物との間に
草や花が有って直ぐ近くにいる錯覚。しかも柵は膝くらいの所もあり
金属のロープがあるだけ。ヤンバルクイナの仲間の
クイナが道に出たり池に入ったり自由気ままに動きま回ってる。
そこら中にいた。クジャクも階段を上ったりして、
落ちたお菓子のクズなどを啄んでいるし、人を怖がっていない。
人も怖がりもせず平然としてる。
このペリカンは私のバックを突きそうにしたくらい。
もう目の前にいる!!
カバとシマウマとが一緒にいるし。(カバの池は広〜い!悠々と泳いでる)
吠えてるような大きな声を出してるのがいるので
ライオンかな?と行くとヤギのおじいちゃんだった。

案内が出てなくて迷いそうでペンギンまで行くと帰ってくるのに
きっと迷うから辞めといた。もらった地図を見ながら行ったけれど
道がよくわからない。最初、直ぐに入り口に出てしまい
慌ててレシートを見せて入れてもらった。
公園の中を歩いていると開けた所がありそこに動物がいるという感じ。
木や花や草を上手に使って間近にいるようにしてある。
日本の動物園だと草なんか生えてなく綺麗にして有って
返って柵が見えたりしてるし、多分草を生えさせてると
お小言が来るのでは。

何しろ暑かったけれど楽しかった。
後で添乗員さんからどうでした?と聞かれ
展示の仕方が違って距離間がなくてよかったよと。
きっと大聖堂とか美術館とかは行く人はいるけれど
ここまで来て動物園に行った人はないみたい。

バーゼルのZOOでした。

ぷう

この記事へのコメント