春のキノコ

6174644256_IMG_3373.JPG
坊やが木にもたれているようなキノコ。
アミガサタケ。
フランスではモリーユでクリーム煮に使われている。
河原でもみじの木を掘り起こしている時見つけた。
あっ、アミガサタケ!こんな所に生えてる。
まずびっくりした。
調べていくと日本のあちこちに生えているそうだ。
ただ日本でヒットしないのはキノコのイメージでは
無いので?できている。
キノコは椎茸、松茸の類のように傘が有ってがキノコ。
勿論アミガサタケも傘が網状だけなのにとっつきにくいだけ。
フランス料理にはお馴染みらしい。
私も名は知ってるが食べたことはない。
クリーム煮にすると美味しいらしい。
乾燥したのは売っている。
ただ生では食べてはいけない。必ず火を通すこと。
そして春のキノコだそうだ。もうそこから違うかな?
でも椎茸の冬子は美味しいし、冬から春に出るよね。
宝物がいっぱい有って嬉しいな。

ぷう

この記事へのコメント