伊那中部広域農道

6176652048_IMG_1687.JPG

先日伊那の方へ行って来ました。
駒ヶ根から伊那の方に行く時、伊那中部広域農道を走って見た。
いつも思う事だけど農業道なんて名前がついているのがちょっと面白い。
私は農道と言うと、田んぼと田んぼの間の狭い道。
しかし、ここではスケールが大きくって立派。
農地だったからこんなに広い道が作れたのでしょうね。
野辺山もそんな感じでトラクターが走ってたりしたもの。

道の脇にはもうソバの花が咲いていたり、金色の麦の穂が輝いてたりで
楽しかった。この頃国産小麦のパンが作られるようになったから
国産の小麦が栽培されるようになったのかな?
高速では味わえない楽しさがあって下道は楽しい。

千畳敷カールは下からもよく見えた。
残雪がある山は高さが判って何山か考えたりできる。
少し山の形で山の名前がわかるようになって来て嬉しい。
伊那も緑が濃くなって来た。風も心地よい。

ぷう

この記事へのコメント